日本基督教団箕面教会
  1. HOME
  2. > 教会について
箕面教会
「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」
聖書 マタイによる福音書11章28節

教会について

教会はキリスト教の信仰によって集う人々の共同体です。
一人一人が神に愛されているというキリストの宣言を信じ、この喜びを広く伝えていこうとしています。
教会員(メンバー)はそれぞれの日常生活を過ごして、日曜日ごとに集まって礼拝します。
礼拝では神に愛され、生かされている喜びを共に感謝し、新しい一週間を生きる力と慰めが与えられます。また、礼拝の他に小さなグループ活動があり、互いに助け合って生きることを目指しています。

箕面教会

箕面教会のあゆみ

箕面教会創立まで

1922年創立の豊中教会の日曜学校分校として、1930年頃から豊中教会の会員自宅でキリスト教を伝えるための「子供会」が始まりました。その後広く一般への伝道をめざす強い願いのもとに、多くの祈りと努力が捧げられ、新たな教会が生み出されることになります。

1951年5月6日 教会創立(桜井教会第1回礼拝)

まだ教会堂がなく、箕面の桜井地区にあった地域の文化会館や会員の関係の洋裁学校教室を借りての礼拝でしたが、51年5月6日吉崎俊雄牧師が着任され教会の歩みが始まりました。

1953年 下村昇牧師着任
1955年 会堂建築

教会創立後も豊中教会からの支援を受けつつ、1953年には下村昇牧師を招聘しました。そして1955年、会員から提供された箕面市新稲の地に豊中教会の旧会堂を移築し、箕面教会のかたちが完成します。

1977年 下村昇牧師闘病生活に
1979年 新会堂建築

次第に会員も増え、伝道活動も活発に行われていきますが、1977年11月、下村牧師が出張先の東京で突然の病で倒れ、教会は試練の時を迎えます。下村牧師は長い闘病生活に入り、毎週の礼拝説教を当初は林幸金牧師はじめ近隣の牧師、また役員が交代で受け持ち、その後79年4月からは隠退牧師であった幸坂義之牧師に主任担任教師牧会代行として3年以上お世話になりました。

一方、箕面教会の長年の目標だった新会堂を、内外の多くの方々の協力により79年に献堂することができました。

1982年 澤田隆牧師着任
1993年 箕面東教会の設立

澤田牧師の着任後86年に牧師館、教会学校用教室の建築、その後図書室など教会の整備工事が行なわれ、現在の箕面教会が完成しました。澤田牧師は青年層の伝道に力を入れ、多くの若者たちが集いました。新教室での卓球が盛んだったのもこの頃です。

また87年からは箕面教会、北千里教会、粟生聖書研究会の三者が協力して箕面東部地域に新たな伝道拠点として「箕面東教会」を創ろうとの取り組みが始まります。93年に用地を取得、箕面教会から12名が移籍し、三者合同の「箕面東教会」が設立されます。

同年澤田牧師は持論だった牧会期間10年の言葉通り辞任されます。

1994年 彌吉英範牧師着任

95年の阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件と続き社会は騒然とする中、教会はたんたんと活動を続けました。変化としてはそれまで礼拝で使っていた口語訳聖書を新共同訳聖書に替えました。 

2000年 小林よう子牧師着任

2000年から毎年の教会研修会で礼拝についての学びを深めました。
礼拝で用いる賛美歌集を『讃美歌21』に切り替え、礼拝順序の変更などを行いました。
また、教会学校とその活動を教会全体で関わるものに変えていくため、2005年より7年間キリスト教教育主事を招聘しました。
教会が子どもだけでなく、その家族も共に招くことを大事にし、すべての年代が共に礼拝する合同礼拝を1年に十数回行うようになりました。

2014年 西山禎(にしやま ただし)牧師着任

2013年、牧師募集を機に、広く教会を紹介するために、この公式ホームページを立ち上げました。

2017年 上地武(うえち たけし)牧師着任